SDGs

環境・社会への取り組み

SDGs

環境宣言

ダイカングループは、Value creation for your smileをかかげ未来の世代が笑顔で過ごせる健全で美しい地球環境を残すため、あらゆる事業活動を通して環境保全活動に努めると共に、地域社会に貢献することをここに宣言します。

基本方針

01持続可能なエネルギーと効率的なエネルギー利用の推進しています

再生可能エネルギー由来のCO2フリー電気を実質的に使用(関西電力の省エネecoプランを採用)し、
2022年より本社・第2工場で使用する電気は、CO2フリー電気を使用しています。
本社オフィスの照明を、蛍光灯からLED照明に変更しました。
本社オフィスの遮熱、断熱効果を高めるため、窓ガラスに遮熱シートを貼りました。

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

02地球に優しいサイン素材で循環型社会へ貢献

エコロジカルサインを開発しプラスチックの使用率を抑える取り組みをはじめました。
私たちが開発したシェルプレートは年間20万トン廃棄されるホタテ貝の貝殻を50.5%使用しており、
看板資材としては初となる「バイオマスマーク認定」を取得しています。

  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • バイオマスNo.210452
  • 50.5%ホタル貝殻使用率 50.5%プラスチック削減 エコロジカルなサイン素材→役割を終えたホタテ貝殻がダイカン「シェルプレート」として生まれ変わります

03製品にも優しく、環境にも優しい梱包を

環境負荷の低い梱包資材を積極的に導入しています。

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を
ポリ袋
  • ・シンボルマーク承認
  • ・バイオマス(植物由来)プラスチック25%配合
グリーンライトバンド
PPバンド)
  • ・エコマーク取得
  • ・回収された使用済みプラスチック
    ポストコンシューマ材)から生産された再生バンド
  • ・プラスチック再生100%
エコハーモニー
プチプチ)
  • ・再生原料 99%使用
  • ・CO2排出量 約34%削減
  • ・燃焼時に塩化水素やダイオキシンなどの
    有害物質が発生しない
ライトロンBIO
ミラマット)
  • ・バイオマスマーク取得
  • ・部分的に植物由来素材を適用した、
    環境負荷の小さいカーボンニュートラルな製品
段ボール
  • ・梱包の強度を保ちつつより軽い素材への変更で、
    運送時にかかるエネルギーを削減しました。
    (年間481kgの削減をしました)

04使用後の制服にもありがとうの気持ちで

BRINGプロジェクトに参加しています。
使用済みの制服に含まれるポリエステル繊維を再資源化する「BRINGプロジェクト」に参加しています。昨年は社員から112㎏の制服を回収しました。

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

今後も新しく制服を発注する際は過剰な在庫をもたないこと、そして使用済みの制服はBRINGを利用することを推進し、循環型社会へ貢献していきます。

  • 回収品受け取り証明書

05シンナーの再利用

塗装作業で使用するカップガンの洗浄に使用するシンナーを再利用しています。
洗浄に使用したシンナー約3,700kgのうち57.2%(2023年実績)を再利用しました。

  • 12 つくる責任 つかう責任
  • シンナー再生率57.2% 使用したシンナーの廃液 再生されたシンナー
  • →消費・再利用[塗装機器を洗浄]→回収[廃液を貯める]→蒸留[再生機で再生]→

06地域活動への積極的な参加

地元神社の各行事(節分祭、夏祭り)への協賛しています。
大正区の地域協会主催の花火大会にて、思い出づくりのための写真ブースを設置しました。
大正区の商業施設での子供イベント協力のため、オリジナルアクリルスタンド作成ワークショップを開催しました。
修学旅行の工場見学(年間3回程度)や地元中学校から職業体験(毎年2名)の受け入れています。

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう